メッセージ

一覧を見る

  • 山田 啓二

    京都府知事

    私たちが生きる現代社会には、少子高齢化や子どもの貧困、地域福祉の問題など様々な課題が存在しています。これまで多くの皆様が解決に向け活動してこられましたが、我が国が、今後も持続可能で活力に満ちた社会を築いていくためには、そうした個々の活動だけでなく、地域に眠っている力を活用し、上手く循環させることが重要です。

    続きを読む
  • 小宮山 宏

    株式会社三菱総合研究所 理事長 / 第28代東京大学 総長

    日本を含む先進諸国は、経済の低成長時代を迎え、先進国型の課題である財政赤字、高齢化などの問題に直面しています。そして、そうした課題は、行政だけで解決することは困難であり、これからの世界は、寄付なしには立ち行かなくなってきていると思います。その意味では、私たちは、大きな時代の転換点にいるといっても過言ではないと思います。

    続きを読む
  • 遠山 敦子

    公益財団法人トヨタ財団 理事長 / 元文部科学大臣

    これからの日本にとって、加速度的に高齢化が進行することは確実であり、かつて経験したことのない難題に直面しております。そのため、地方・大都市圏を問わず高齢化・人口減少への対応は喫緊の課題です。また、社会の変化に伴い、国籍、文化、ライフスタイルなど多様な背景を持つ人々が安心してともに暮らすコミュニティの実現は極めて重要です。

    続きを読む
  • 堀田 力

    弁護士 / 公益財団法人さわやか福祉財団 会長

    日本では、歴史的にも学校や橋の建設といった公共への遺贈寄付が社会の重要な基盤を創ることに貢献してきましたが、近年の相続・遺言や終活などへの関心の高まりや、社会貢献意識の高まりから遺贈寄付をされる方が年々増加している状況です。少子高齢化、教育、職業、地域の過疎化など課題先進国である日本にとって、課題解決の促進のために遺贈寄付が進むことは、とても重要なことであると思います。

    続きを読む

ニュース

一覧を見る