全国レガシーギフト協会

遺贈寄付を受ける団体になるために

一般寄付と遺贈寄付の違い

一般の寄付は、寄付者が団体の活動に共感し寄付をします。そして、団体は寄付者に対して活動実績や成果をフィードバックします。

%e4%b8%80%e8%88%ac%e5%af%84%e4%bb%98

一方、遺言による寄付の場合は、寄付者が亡くなってから寄付されますので、団体から活動の報告や成果などのフィードバックをうけることができません。そのため、共感に加えて、「中長期的に活動してくれるであろう」、「自分の価値観を体現してくれる団体であろう」等の信頼をした上で寄付を決めるのです。

%e9%81%ba%e8%b4%88%e5%af%84%e4%bb%98

こうした信頼感を持ってもらうためにはどのような準備ができるでしょうか。

遺贈寄付を受ける団体になるための一連の準備について、「遺贈寄付ハンドブック」にて”
遺贈寄付を受けるための5のステップ”が紹介されています。

遺贈寄付を受けるための5つのステップ

%ef%bc%95%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

それぞれのステップをまとめると以下のようになります。

第一のステップ:遺贈寄付についての基礎知識を得る

  1. 遺言書の書き方についての理解
  2. 遺贈、相続寄付、信託寄付などの違いや手順への理解
  3. 受け手側の法人格の違いによる会計処理への理解
  4. 遺贈寄付希望者へのコミュニケーション上の重要な点の理解
  5. 事例に対する理解

第二のステップ:遺贈寄付の受入れの準備

  1. 遺贈寄付のメニュー設定
  2. 専門家等との連携

第三のステップ:遺贈寄付の導線の設計

潜在寄付者から遺贈寄付者までドナーピラミッドを作成し、ステップアップ戦略を作成・実施をする

第四のステップ:適切な情報発信

団体のホームページやパンフレットに遺贈寄付の受入れに関する情報を掲載する

第五のステップ:寄付者と家族への感謝

  1. 生前のコミュニケーション
  2. 逝去後のコミュニケーション

各ステップの詳細を知りたい方は遺贈寄付ハンドブックをご覧ください。

また、「遺贈寄付についてもっと知りたい方へ」もご参照ください。NPO向けの遺贈寄付研修も開催しておりますので、是非ご参加ください。

いぞう寄付の窓口の説明

いぞう寄付の窓口は、人生の集大成の社会貢献としての遺贈寄付を安心してできる社会の実現を目指し、全国で遺贈寄付を普及することを目的としています。

遺贈寄付を希望する方の多くは、社会貢献をしたい領域や地域は決まっているものの具体的な寄付先の団体について明確でなかったり、遺贈寄付のやり方や注意点を知らなかったり、遺贈寄付をよく知る専門家を知らないなどの不安を抱えています。

そこで、安心して遺贈寄付ができるように、いぞう寄付の窓口では専門家・加盟団体の皆様と協力し、以下のサービスを提供します。

  • 遺贈寄付に関する情報の提供
  • 無料での遺贈寄付先の相談受付け
    (相談内容により、資産確認などをご希望される場合は、実務に対する費用が発生します)
  • 全国同一基準の相談体制
  • 遺贈寄付の知識がある専門家の情報提供
  • 相談内容に沿い、遺贈寄付の受入れについて基準をクリアした活動団体の情報提供
  • 相談内容に沿い、遺贈寄付や財団設立、生前の資産寄付など、適した方法の提案

加盟団体とは、全国レガシーギフト協会の基準をクリアし審査を通過した、遺贈寄付の相談・受け入れができる団体です。

遺贈寄付を受ける準備を進めている活動団体は、最寄りの加盟団体にその旨を伝え、その後の指示を受けてください。